ARCHIVES


過去の記事はこちらからお選びください

最高品質の非球面レンズの追求

asphericon社では、切削加工のみのスタンダード、2度切削のプレシジョン、機械研磨を追加したウルトラと言う3段階の表面精度にて非球面レンズを提供して参りました。 更なる品質向上を目指し、アルゴンイオンを用いたION-Finishと言う手法を採用しました。 これは設計データあるいは図面と、実測データを比較し、その差異を局所的にイオン研磨すると言うものです。 これにより、通常でλ/20、チャンピオンデータでλ/50を達成した事例もあります。asphericon社のレンズは勿論ですが、お手元のレンズをお預かりし、後加工する事も可能です。 非球面干渉計で実測可能であれば、ION-Finishの対象となります。