ARCHIVES


過去の記事はこちらからお選びください

LED_DOEの新アプローチ登場!

ドイツLightTrans社は設立以来、波動光学設計・評価ソフトVirtualLabを提供して参りました。様々な光学パラメーターを統一のプラットフォーム上で扱う、統一光学モデリングを採用し、素材、媒体、伝播手法など光学設計や評価に必要なパラメーターを1本で扱う事ができます。 VirtualLabに加わったのが、照明系モジュールLighting Toolboxです。 これに採用された新たな設計コンセプトがGCA(Grating Cell Alley)です。これはセル状に分割されたエリアにピッチや角度の異なるグレーティングが配されるものです。 一般的な回折光学素子は有効エリア全体にフーリエ変換を施しますが、GCAはセル毎に最適化を施すローカル最適化手法を取ってます。 各セルはターゲット面上の所定の位置にスポットを結ぶ事だけ行います。各セルの有効エリアに入射された光束だけを制御する手法であり、これまで不可能だったLED光源の制御を可能にします。 つづく・・・